フリーエリア

家庭の不用品各種、再生、再利用可能品、投棄物を、必要費用を頂き、引取りします 

廃棄物処理引き取りでは有りません。再生用材料、再使用出来る物品を引き取る事業です。家具、布製品等を引き取り、当社でデザインし、再制作し、原価でネット販売、各施設に提供する等、リサイクルを目指している事業です。 “基本は当社事業、建設業に付随した事業”です。

再生不能な不用品、塵も契約により、取り扱い致します。不用品ほぼ全品費用を頂き、合法に引き取り出来ます。価値の無い家電四品目も、国の事業で取られて居る方法に準じた契約により、取り扱い出来ます。

退去後のリフォーム、クロス工事等も請け負います。建設業故退去の為の不要品引き取り、後リフォーム工事まで請負出来ます。
      
                                                 
                   〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14                                                       
                   (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明                                                        
                            TEL 011-784-4046                                                      
                            FAX 011-784-5504


◎受付は電話、ファックスで受けます。日祭日、正月、お盆休みを除く午前9時~午後5時が電話対応、ファックスは午前8時30分~午後7時までとなります。営業日、時間外の連絡の場合、内容確認は翌営業日となる場合が有りますのでご了承願います。
注文を受けた後、当社から電話致しますので、住所、氏名、電話番号を伝達願います。
 
引き取り可能品目例

費用の算定基準は、国の同種事業見積もり内容に準じております。

再使用、再利用が可能な物品も含めた、ほぼ全ての家庭の不用品を、契約により引き取りし、合法に再生、処理します。
 

※2,3階からの搬出は割増料金を頂きます。

◎一定金額を超える費用を頂く場合、当社顧問行政書士を当社で委任費用を負担し、正式な契約書も交わしますので、安心して処理委任出来ます。少額で行政書士を委任して契約したい場合は、基本顧客様の費用負担となります。  

高齢者、生活保護世帯が自己で大量の不要品、塵処理出来ない場合の、必要費用を頂いての引き取り処理等も請け負います。税金で処理の場合も含め、合法、適法引き取り、扱い、処理である事を、市、警察等に正しく証明も、求めが有れば致します。

なお、広く行われて居る運送業者、便利屋、産廃、古物商許可業者による、家庭の不用品廃棄“処理目的”有料引き取りは、最終処理が廃棄物処理法違反です。刑事罰が科せられる犯罪です。こうした業者への委任は避けて下さい。

当社は6年以上掛けて、この事業が合法であると、建設業法、リサイクル法、建設リサイクル法、廃棄物処理法(一般廃棄物も含めた)民法等規定による証明を、行政との協議等を重ね、証明して有ります。“基本は建設業法に沿った合法事業”と、行政からの回答も得て居ます。

増改築工事、コンクリート構築物作成、解体工事請負致します。

庭木伐採処理、手作業での除雪、排雪も請け負います。


営業エリアは札幌全域、小樽、石狩、北広島、江別、恵庭、千歳、岩見沢市等となっております。各市には当社のこの事業が合法である事実の確認を、詳細に行って有ります。関係法律が変わった場合、随時合法事業となるよう、業務改善致します。

犯罪がばれた結果

@札幌市役所犯罪、一般廃棄物違法処理前請負事業が、刑事事件となって、複数捜査を受けております、今後は自動車保険、各種損害保険も、犯罪行為で、偽造、虚偽申告で行っており、詐欺になるので適用されません”当社事業は適法なので、損害保険、自動車保険も正しく適用されます”

札幌市役所が指揮を執り、保護受給者、施設入所者他一般家庭の家財、廃棄物を、排出者を請負業者である、と偽った証明書、領収書を作成、発行し、させて、廃棄物所r法違反が立証出来ないように企んで、毎年札幌圏で3,000~5,000件も、この犯罪事業を(公共事業だけで330件以上)行わせて来た事は、完全に表に出されてしまって居ます。

当然ですが、この犯罪事業は、既に札幌東区役所委任事件での、摘発実例も有りますが、委任者、排出者、資金拠出者も、実施業者と同罪で、廃棄物処理法違反容疑により、正式捜査を受けるのです。

東区役所保護課事件では、排出者の身内が委任者だったので、この方と請負行為事業者の人間が、もう捜査を受けており、何れ東区保護課資金支払い役人と、排出者である保護受給者も、警察、検事が法を曲げ、捜査を潰せば別ですが、廃棄物処理法第25条が適用されて、捜査を公式に受ける事になって居ます、正しく事件を捜査して行けば、市の役人と排出者、請負業者、仲介者合計で、数千人が捜査対象です。

又、この行為は犯罪で、罪が非常に重いから、それを消す為札幌市役所、役人が、排出者を偽った証明書を作成し、犯罪を消す等しているので「任意自動車保険も、事業者が掛けている損害保険も、詐欺ですから”今後はもう”適用されません、委任者も市役人も、この犯罪遂行で被害を与えたなら、個人が(人身交通事故でも起こせば数千万円単位)賠償責任を、廃棄物処理法違反行為者全て、個人個人が、等しく負う事になります」
スポンサーサイト

札幌市役所犯罪の

札幌市役所による、一般廃棄物の一角違法処理目的請負事業、保護受給者家財の同犯罪公共事業発注、請負実施と、他民間同様事業公認事実、証拠により、報道機関も札幌市役所環境局、各区保護課、違法請負実施事業者多数に対し、取材を掛け出して居ます。

札幌市役所保護課から、犯罪事業実施業者への、一般廃棄物一括犯罪処理請負公共事業の発注、実施分で毎年320件を超えて、闇で札幌市が抱えて居る、犯罪事業を請け負う業者、100を大きく超える闇業者に発注され、実施されています、この公共事業犯罪と、同じ業者に対して、無許可有料貨物輸送事業、保護受給者の引っ越しも、札幌市は、毎年2,000件以上?違法委任して居ます。

廃棄物処理法違反により、廃棄物処理法第25条(法人は罰金3億円以下、個人は1,000万円以下、併せて5年以下の懲役刑)刑事罰則規定が適用される犯罪と、貨物自動車運送事業法違反、貨物自動車運送事業法罰則適用規定、第70条1項(罰金300万円以下、併せて懲役3年以下)が適用される、犯罪公共事業事実により、報道機関が取材に入って居ます。

警察は、生活安全課が違法請負業者から、廃棄物処理法違反事実により、捜査を複数行って居ますし、交通二課特別捜査係は、既に区役所に捜査に入り、無許可有料運送発注、札幌市が法を犯して多数発注事実に付いて、捜査を開始して居ます。

この札幌市役所犯罪を通す為、札幌市は民間同様犯罪も公認しており、廃棄物処理法違反だけでも、年間3、000~5、000件、札幌圏で、札幌市が主導し、一般廃棄物違法一括請負闇処理事業が展開されています、まともに捜査すれば、時効までの分で数千人は逮捕、取り調べられる、巨大疑獄犯罪事件です。

札幌市役所犯罪が

@札幌市役所は、札幌市環境事業公社、市の天下り利権機関が、違法な利得を得られるようにと考えて、次の法破り手段を講じています。

;一般廃棄物を違法に収集運搬して居る業者が”破砕工場、焼却場(市直轄事業)に、違法に個人が所有する廃棄目的物品を、違法収集運搬して、処理に持ち込んだ、持ち込む前に持ち込めるか、確認電話が来た場合”どう見ても一般廃棄物違法収集運搬事業実施だ、と分かるケースで有れば、ソファー5~10セット、タンス類10竿等持ち込みの場合は、一般廃棄物違法請負処理と看做し”搬入処理を断る事と、市が清掃工場に申し渡して、しています。

;ですが”札幌市環境事業公社に、偽装の引っ越しに際した、引っ越し者排出一般廃棄物代行処理だ、と偽った委任状写しを渡して、公社の利益を乗せ、上記等、違法一般廃棄物請負収集物を引き渡せば”公社は、委任状に排出者は個人、代理一般廃棄物処理社XXと記載が有るのですが”違法処理請け事業者が排出者と、偽造した処理費領収書類を作成し、事業廃棄物処理と偽って処理する、こう言う手口が、闇で作られています”この二枚舌手法により、一般廃棄物違法収集運搬処理業者は、公社を開始、中間搾取させて、犯罪処理を果たせるからくりです。

※この手口と、同様の排出者が個人と知った上で、違法処理請負事業者が排出者と、偽りの証明書を、札幌市(破砕、焼却場、各廃棄物受け入れ施設)が指揮して発行する手口で、札幌市役所、札幌市内で毎年数千件、一般廃棄物違法収集運搬犯罪処理が、闇の事業として行われ、通されています。

@今この犯罪手法も、上記等事実が証明された事も合わせ、札幌市役所が直接、この手を駆使して、一般廃棄物犯罪請負処理を委任して居る、80事業者前後の、市との共犯での、この犯罪事業遂行事実証明公文書公開された事も有り、崩壊に瀕して居ます”廃棄物処理法違反行為者責任により、排出者も廃棄物処理法違反で調べを受ける状況”も生まれ出して居ます。

ソーシャルワーカー

札幌市役所保護課、介護保険課による、保護家庭、高齢者、障害者家庭の家財、塵の違法業者を委任しての闇処理は、ソーシャルワーカー、ケアマネージャーが違法処理請け業者を探して来て、違法処理委任を、家財所有者に代わり、ないしは、業者を教えて委任させている、之が中心と、区役所役人からも知らされました。

ソーシャルワーカー、ケアマネージャーの所属先も含めて、拙い状況に陥って居ます、札幌市の役人は、相乗りで違法業者を使って来たのが現実のようです。

札幌市役所による、一般廃棄物物品の違法請負処理事業、委任事業は、環境局から違法故禁止と、保護課に対して通知も、先週木曜日に出されて居ます、市内部でももう、違法事業事実が公式証明されてしまった訳です。

一部区役所は、もう今まで使って来た違法請負処理業者は使わない、こう答えて居ます、違法事業に税金を投じて来た事も、事実通り認めても居ます。

警察には、破砕、焼却場に時々警察官を派遣させて、一定時間、廃棄物持ち込み業者のチェックをするべきだと申し入れして有ります、スピード測定より確実に、違法廃棄物処理持ち込み業者を摘発できると思います。

破砕、焼却場職員も、違法な処理持ち込みが数多く在る事から、当然知って居るが、分かったからと言って対応策を特に持って居ないので、こう認めています、警察が関与するべき異常事態だと思います。

新規書き込み用

当社の新事業では、再生可能品に限らず、合法に処理も含め扱える体制も整っており、又、ほぼ全ての個人所有不用品、廃棄する物品、無価値不要品を公式に取り扱える理論構成、裏付け等が揃いました。

多分日本で当社だけでしょうが「家庭の不用品、所有者が廃棄する以外無い物品、処理に困って居る無価値物、塵を、必要費用を頂いて引き取り、合法を証明して、以後の扱い、処理を行えるとなりました」

当然ですが「警察等にも、合法、適法に、殆どの家庭の、投棄する事としてある物品引き取った後、合法、適法に以後の扱いをなした事から、きちんと証明を果たせるのです、日本で多分当社だけです」

それを果たす為の「結構なお金を投じての、必要となって居る設備投資も行って有るから、きちんとこの事業の始めから終わりまで、合法、適法だと証明する事も出来ます」

札幌市役所、警察等と、闇で結託しているから、犯罪を見逃されて居る、犯罪が通せている犯罪業者とは違うんですよ、当社は。

家庭の不用品、処理する事と所有者が決めて、引き取らせる物品の引き取りから終わりまで、きちんと事実を証明出来る等、札幌市役所の役人連中の犯罪公共事業や、廃棄物処理法違反処理に明け暮れている公社と下請け、運送屋、便利屋、古物商、産廃事業許可業者とは、全く違います、当社の合法、適法な新事業は。

最新記事

プロフィール

HAハウスリメイク

Author:HAハウスリメイク
札幌で建設会社「HAハウスリメイク」を営んでいます山本弘明です
ご連絡・ご依頼・ご相談は下記電話番号もしくはFAXにお願いいたします。
TEL 011-784-4046
FAX 011-784-5504

カウンター

最新コメント