フリーエリア

相続外遺品、神仏具、家庭の不用品各種、再利用、供養目的での引取り致します、引受費用見積相談下さい 

 神仏具、相続外遺品、家庭の大量不用品の”合憲、適法処理”に困って居る方が増えて居ます。医療機関、介護施設等、裁判所、道警、道内市町、市、町議会からも“現在は存在して居ない”合憲、合法な扱い処理事業の構築を求められ、建設業者故出来る事で作った事業です。      
                                       
                   〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14                                                       
                   (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明                                                        
                            TEL 011-784-4046                                                      
                            FAX 011-784-5504

@受付は電話、ファックスで受けます。日祭日、正月、お盆休みを除く午前8時50分~午後6時が電話対応、ファックスは24時間受け付けます。
折り返しが翌日、休日明けとなる場合が有りますのでご了承下さい。
 
引き取り内容

道警、裁判所、地方自治体、地方議会等から要請を受けて調査、助言し、是正が行われて居る内容、引き受け費用は国の基準、裁判所基準に準じて居ます。

 神仏具は引き取り後、当社施設で原則焚上(焼却)します。所有者の求めに応じ、各宗教の教義に沿った供養も仲介します。(憲法第20条規定、各宗教調査結果による)

 相続外遺品、不用品は、当社自社内再生、再利用原則扱い、当社施設処理で、所有権移転後引き取ります。目録作りし、契約書も交わします。憲法第11,19、20条適用品は、自社で処理し、外部に塵で出す事はしません。  

 相続遺品と、相続外遺品を分類する作業が入る場合は、顧客様負担で、行政書士の委任と組み合わせた扱いとする場合が有ります。

 営業エリアは札幌、札幌近郊市町村が原則となって居ます。合憲、合法引き取りを望む方がおられれば、100キロ範囲対応致します。

 祖父母、親が遠方に住んでおられ、高齢で自宅退去や、死去後の家財、遺品、神仏具の合憲、適法委任処理に、自身や身内が困って居るケースが増えて居ます。
現在こうした物品を、合憲、適法に、一括扱い引き受け出来る事業は存在して居ません
 この問題で、合憲、適法な一括引き受け処理事業の構築を、裁判所、道警、道内市、町、議会、医療機関、介護施設他から頼まれ、環境省、文化庁、各裁判所、各宗教、現実に行われている同様物品処理事業内容等を調査し、合憲、適法を当社で証明した内容で構築した事業です。

 当社は建設業なので、退去後のリフォーム、解体工事も請け負います。

@現在行われている、焚き上げ事業、遺品整理事業、個人所有物一括処理請負は“全て憲法、法律を犯して、個人所有塵の一括処理請負”を行って居る、之が事実です

;『あらゆる宗教の神仏具、遺品に魂が宿って居る、除霊が必要』
 この謳い文句は詐欺です。
“魂が宿って居る、居ないは、各宗教の教義による” のであり、焚上業者、遺品整理を謳う業者が、全宗教相手で決められる事では無いです。当社は主だった宗教に調査を行い、事実確認済みです。

;焚上と言う、法による事業は存在しません。
神仏具を自社で処理(適法焼却等)出来る事
 これを条件として、廃棄物処理法規定が除外される。塵処理場持ち込み処理は違法、憲法第20条、廃棄物処理等法の規定はこれです。

;遺品整理事業を謳い、実際は廃棄物処理で一括請負しているが、廃棄物処理法違反行為です。
遺品物品から、相続外物品を特定(憲法第29条、相続に関する法律、相続税の法律規定による)して、品名記載書面を作り、引き取り者再生、再利用を原則(裏付けが必要)として、相続権者から引き受け社に所有権を移して、引き取る契約を交わす
憲法第11,19,20条適用品は、引き取り社で処理を完了出来る。他者の目に触れさせないで処理出来る事を条件として、廃棄物処理法の適用が除外される
 現在遺品整理を謳う業者と行政が行って居る、“塵処理場持ち込み処理”は、廃棄物処理法違反です。

;個人所有物を、一括処理請負する事業を、行政ぐるみ、闇事業で認め、行わせているが、明確な廃棄物処理法違反です。 “
一括引き受け社が自社責任で再生、再利用出来る。処理出来る施設を持って居る事を条件とし”所有者と物品所有権移転契約を交わし、必要費用を受け取り、引き取る。
 之が、技術と設備を自社で備えた建設業なら、憲法、法律に沿い、出来る事業です。

遺品、一般廃棄物違法処理請負、本州では捜査します

2012年、仙台地裁刑事事件裁判で、おくりびとを監修した納棺協会仙台支店支店長と本社が、古仏壇を有料で集めて、廃棄処理した事で、廃棄物処理法違反容疑で起訴された事件の判決が出ています。

判決は「納棺協会仙台支店長は、懲役8か月、執行猶予2年の刑で、納棺協会は、罰金100万円の刑です」

札幌市役所は、遺品整理士事業者や、一般廃棄物一括処理請負事業者と手を組み、相続前の遺品物品一括処理請負ゃ、一般廃棄物の一括処理請負を、市も犯罪請負業者を百数十も闇で抱えており、相続前の遺品物品、一般廃棄物を、一括違法処理請負させ、法を幾ら犯しても良い、この許可も出し、行わせて居ます、道警、検察庁も同様に、犯罪許可を出して、通して居ます。

仙台を拠点として居る、遺品整理えむらいふも、東北六県を商圏として、神仏具、相続前の遺品物品、一般廃棄物を、一括請負処理する事業を展開して居ます。

ここの商売の内容を、この事業者に確認したら、多くの廃棄物は、処理する物品が有る地元で廃棄処理、買い取った物品と、廃棄目的で費用を取ったが、輸出出来る物品に、神仏具は仙台に持ち帰り、輸出する、残れば地元で廃棄処理する、神仏具は供養した?後処理場に運ぶ処理として居る、こう答えています。

納棺協会事件が有ります、これを添えて宮城県警に訴えました、捜査に前向き、です、納棺協会有罪事件も有りますから、仙台地裁事件も。

道内では、捜査機関、監督機関が公認、委任もしている犯罪です、更に不整合が拡大して居ます。
スポンサーサイト

当社と他事業者との、相続前遺品物品処理請負の違い

                                平成30年3月18日

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                            取締役 山本弘明

@当社の新事業は、地裁から最高裁、政府へ、地方議会から政府、国会等へも含めて上がり、日本中の同種犯罪請負事業を潰し、是正措置を、当社の新事業を軸として講じる、合憲、適法を果たした雛形制度となって行きます。

※相続前の遺品物品を、法を根本から犯して請負処理する事業は、遺産相続手続きを、司法も正しく行って居ない結果だと、裁判所も認めて居ます、特に遺産物品は、売却した利益も、廃棄処分した費用も、遺産に計上せず、相続手続きを終えさせていますので、この犯罪請負が蔓延して来て居るのです、遺産物品の売却益、処理費、共に、正しく相続手続きに加える、之も今後、裁判所、法務省が取り上げて行くようです、之を果たせば、遺品整理士事業、犯罪請負事業は破綻します。

1、当社の場合、きちんと法に沿い、適法に相続前遺品物品を、処理も含めて請け負いますので、他同様事業者と違って、刑事、民事訴訟法手続き証拠で使えます。

※似て非なる、同様請負業者は”物品を、物品の扱い方法を、公式な証明書も作成して、正しく証明して居ません”ですから、相続を決める調停、裁判には使えませんし、刑事事件手続きまで揉めた場合の、捜査機関用事実証拠にも、当然使えません、法を犯して請負、処理して居ますので、ネクステップ、ヤマトホームコンビニエンス他にも、既に確認済みの事実です。

2、この事業の実施には、被相続人所在市町村と、所轄警察署との、請負業者が直に足を運んでの、処理方法を決める協議が必須です、当社は被相続人所在市町村と、所轄署との、処理を果たす為の協議を、きちんと行い、出来るだけ最善に近い、物品請負処理を果たせます。

※似て非なる、同様請負事業者は、被相続人在住市町村と、所轄署との直接処理協議は、日常的に法を犯した処理故、出来ません、他事例も、併せて足が付く危険が生じますし。

3、当社は相続前、後遺品物品、相続済み物品の内、売却出来なかった物品を、正しく自社所有と、所有権を移し、当社作業場に運び、種々再利用等に供せます。

※似て非なる、同様事業実施者の大半は、虚偽を持ち、遺品物品、だった物品の内、廃棄する物品が、請負業者所有と変わったと偽り、一廃系事業廃棄物との、偽った処理を行って居ます、遺品整理士資格業者?便利屋、リサイクル業者、運送業者、古物商許可業者は、廃棄前提一廃を、自社に所有権を移す事自体禁じられて居ます、この偽造による、遺品系一廃に付いての、廃棄処理費の経費計上、経費で落とせている事実を突かれれば、偽造、脱税も、併せて発覚します。

物品の違いにより

現在札幌他市役所と裁判所は、廃棄する物品の代行処理で、物品毎に、憲法規定、法律規定が異なって居るのに、一式で憲法、法律違反処理を行って居ると、当社から指摘を受けた事から、物品毎に合憲、適法となる廃棄処理方法を取る為、手続きを模索中です。

@神棚、仏壇、神仏具、こうした品々は、憲法第20条の規定が掛かるので、一般廃棄物とは、別の処理が必要、塵で処分を全部出来る訳では無い、所有者側の意志により、処理方法を変えなければならない、と言う事です。

;憲法第20条規定を守った処理を求められたなら、自社で処理を行える体制を、きちんと取って有る業者に、憲法規定に沿い、処理を行って貰う、之が必要と言う事です、当社のような、合憲を満たす処理体制が有る所に、きちんと処理を委任すると言う事です。

@親書、アルバム等、憲法第20条規定と、個人情報保護法が適用となる物品の処理も、今のように、一般塵一式で処理は、憲法、法律違反ですから、返る必要が、元々有ったのです。

;こうした物品の処理も”塵処理場に持ち込む処理は、人権を侵害する行為であり、情報の犯罪漏洩です”から、やはり自社で処理を完遂出来る体制を備えた業者に、自社内で処理して貰わなければなりません、これも、当社なら出来ます。

通常の一般廃棄物の処理委任も、排出者を、一括処理を請け負った業者が所有社、事業廃棄物、こう偽る処理は続けられ無いと、ようやく認めて、帳簿偽造も組み込んである、この偽造廃棄処理実施業者を配乗しなければ、この方針で協議して居ます、当社が指摘して来た、合憲、適法な一括請負処理の、物品毎の正しい処理方法を、ようやく認めて動いて居ます。

廃棄処理のコスト


札幌市役所保護課、保護受給者家財税金使用処理事業、施設に入所する等、自宅を明け渡す方々の家財等を、請け負って処理する事業、相続前の遺品物品を、処理目的で請け負う事業、どれも法を犯している行為ですが、処理の仕方で、コストが大きく異なって居ます。

法を犯す度合いが大きい程、実際に必要となる費用は、減らせるのですよ”当然ですが、法を幾つも犯しているなら、委任事実も、違法請負事実も、公式に表には出せません”犯罪行為責任を、問われない保証は無いですから。

最も多い、こうした違法な他者が所有する物品を、違法処理請負する事業の手は、廃棄物は請け負った業者が所有者だ、と偽る手、之が最も処理費等を減じられます”最悪なのは、不法投棄で最終処理費を減らす手です。

正しい方法は、他社を委任してなら「再利用を前提とする業者を頼む、頼む業者には、自社で運び出して、再利用等出来る体制が有る事、之です」

必要な体制と、必要な設備が整って居なければ、再利用を謳って居ても、頼むべきでは有りません、請け負った後、丸投げ処理させる所は、最悪です。

適法に不要な個人所有品の、搬出処理、再利用等で正しく扱わせる処理を、法に沿い委任するべきです、必要となる費用は、法に沿って扱う程、当然掛かります、法を犯す程、費用は減じさせられますが、頼む側の意識次第です、後は、捜査機関による、犯罪の公認を得られるかどうか、でしょうね。

国家権力の庇護を失えば余計

@うえるぴあひかりの住民の皆様に、重大な事実告知を致します”うえるぴあ光の地区一部他に、墓石が砕かれ埋められています””河横、白石清掃工場に、市が指揮して違法に収集された、家電を含む廃棄物が持ち込まれ、違法焼却され、環境汚染物質が撒き散らされています”市は合憲、合法犯罪、市民に秘匿だが、としています

                         平成30年1月
     〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
            (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                 TEL011-784-4046
                 FAX011-784-5504

※損保犯罪被害者の会掲示板、ハウスリメイク新事業ネット広告参照

@札幌市議会議員団、自民、公明、共産、民進にも”うえるぴあひかりの住民、今後土地を購入する顧客様に対しても、担当不動産業者を通し、次の重大事実を告知するよう”告知義務違反、詐欺他で訴えられるので、求めて有ります、当社調査、公文書他証拠も揃った事実です

;うえるぴあひかりの地区一部も含め、札幌市内広範囲に、墓石を混ぜたコンクリートが埋められています”市と市議会議員とで、墓石は自然破壊させる産廃、墓石には魂が入って居るから、市の役人は魂が見える、魂抜きさせた墓石をリサイクル骨材に搬入せよ”と命じ、砕いてコンクリートと混ぜ、市内道路に敷き込んだ結果です、三角点通り9条以北は河、近くまで入って居ます、公共事業利権、天下り利権用です、墓石ロードマップも入手済み

;白石清掃工場にも”市環境局、保護課他が、違法業者150以上を使い違法に生保家庭他の廃棄物、遺品等を一括収集請負させて、家電品、農薬他一式パッカー車に積み、一括違法焼却(年数千件)しており、有毒排煙を数キロ範囲に撒き散らして居ます”市が証拠隠滅しており、汚染事実は証明されているが、汚染レベルは不明です

※当社、各市議会議員団、共産党、公明党は小口、本郷等議員、道警本部生活環境課渡邊警部補、市区画整理事業課今井課長、道路工事課国兼、坂本課長、最高裁、札幌高裁、地裁、貢献、地検、NHK、道新報道センター他に問い合わせ下さい

最新記事

プロフィール

HAハウスリメイク

Author:HAハウスリメイク
札幌で建設会社「HAハウスリメイク」を営んでいます山本弘明です
ご連絡・ご依頼・ご相談は下記電話番号もしくはFAXにお願いいたします。
TEL 011-784-4046
FAX 011-784-5504

カウンター

最新コメント